力を入れて擦らないように

余計な力を入れないように

たくさんの汚れが付着していると、力を入れる人がいます。
しかし力を入れて擦ると、傷がついたりコーティングが剥がれたりするのでいけません。
優しい力加減で、軽く擦るのが正しい洗い方です。
また、洗う時は柔らかいスポンジを使いましょう。
固いスポンジやタワシを使って洗う人が見られますが、それではいくら力加減を弱くしてもフライパンにダメージを与えます。

フライパンはデリケートなものだと思って、丁寧に接しましょう。
それが、長持ちさせるコツです。
また、強力な成分が含まれている洗剤を使うのも良い方法です。
するとこびりついた汚れでも、軽い力で落とせるようになります。
ただ人に与える影響も大きいので、お肌が弱い人は直接触れないようゴム手袋などを使いましょう。

お湯に浸ける方法

油汚れは、落とすのが難しいと言われています。
その場合は無理にスポンジで擦らないで、しばらくお湯に浸けておきましょう。
お湯に浸けると油汚れが浮き上がるので、その後ならスポンジで擦ると綺麗になると思います。
コツは、水ではなくお湯を使うことです。
冷たい水では、汚れが浮き上がらないので浸けている意味がなくなってしまいます。

また、お湯の中に洗剤を混ぜるのもおすすめです。
すると洗剤の力で、より油汚れが浮き上がりやすくなります。
お湯にフライパンを浸ける時間は、30分ぐらいで大丈夫です。
料理が終わってフライパンが冷めたら、すぐ落とせる汚れなのか見極めてください。
浸けておく必要があったら、その間に食事を済ませましょう。


この記事をシェアする