フライパンを長持ちさせるコツと便利グッズ

お気に入りのフライパンを使い続ける

毎日の使い方を振り返る

熱を加えると、フライパンはダメージを受けます。 ですから、料理中の火加減に注意してください。 おすすめは、中火を使用することです。 弱火ではなかなか火が通らない食材でも、中火ならしっかり中まで火を通すことができます。 できるだけ、強火は使わないでください。

力を入れて擦らないように

フライパンには、コーティングが施されていることが多いです。 しかし力を入れて毎回洗っていると、次第にコーティングが剥がれてしまいます。 食材がくっつきやすくなり、料理しにくくなるので優しく洗ってください。 柔らかいスポンジで軽く擦るだけでも、汚れは落ちます。

火を大きくしすぎないこと

強火で、一気に食材を炒めようとする人が見られます。
しかし強火にすると、フライパンにダメージを与えると理解してください。
フライパンを長持ちさせるなら、使って良いのは中火までです。
それでも食材に火が通るので、おいしい料理を作れます。
またフライパンを使い終わったら、すぐ水に浸ける人がいるでしょう。
それも良くないので、冷ましてから水に浸けてください。

洗う時は、柔らかいスポンジを使いましょう。
固いスポンジを使うと、フライパンに傷がついたりコーティングが剥がれたりします。
傷に汚れが入ると落としにくくなりますし、コーティングが剥がれると食材が焦げ付きやすくなります。
優しく洗うだけで、綺麗に汚れを落とせるので安心してください。
また油汚れなど頑固な汚れの場合は、洗剤を溶かしたお湯に浸けましょう。
数分浸けると、汚れが浮き上がるので洗いやすくなります。

フライパンに焦げが付くと洗いにくくなるので、最近はそうならないような便利グッズが登場しています。
まずは、フライパン用のアルミホイルを使いましょう。
アルミホイルをフライパンの上に敷き、食材を乗せてください。
使い終わったアルミホイルはそのまま捨てれば良いですし、フライパンに汚れが付きにくいので洗うのが楽になります。
アルミホイルではなく、フライパン用のメッシュシートも販売されています。
そちらは余計な脂を落としながら調理できるので、ヘルシーな料理を作りたい時に向いています。

フライパン用のアルミホイル

食材が焦げ付くと、洗うのが大変になります。 フライパンの寿命も縮むので、焦げ付かないように工夫してください。 最近はフライパンを長持ちさせられるように、便利グッズが登場しています。 それを使えば綺麗な状態を維持できますし、料理も簡単になるのでメリットが多いです。